ホーム > 楽器買取に関してよくある質問 > 担当者を変えるのはよくないことですか?

よくある質問

担当者を変えるのはよくないことですか?

◆質問:担当者を変えるのはよくないことですか?

 楽器買取依頼をした先の担当者がすごい横柄で売るのか売らないのか先に決めてくれ!等と言ってきました。前にもそのお店でお願いしているのですがこの担当者は嫌です。変えてもいいのでしょうか? 

◆ご回答いたします:

もちろん担当者を変更することについては何ら問題がないでしょう。ご質問をいただいたい時は弊社提供のサービス内での買取業者さんかとおもい大変に驚きましたが後日、当社サービス外の業者だと言うことがわかりホッとしました。


お話を伺った際、買取業者の対応の悪さに驚きました。こうした商売はカスタマービジネスとも言われ、法人営業ではなく個人営業ですからカスタマー対応には丁寧さと清潔さなどが要求されます。どのような発言が合ったのかについてわずかに書かれているだけですがそれでも文章を読むだけで業者の対応にはクビをかしげる点があるように思えます。

査定の段階で売るか売らないかを判断しろというのは無理な話なのです。売るか否かを決めるために査定を依頼しているわけですからそもそも話があべこべなのです。このような発言をする担当者は仮にお願いをしても後々、トラブルになることが予想されますので早い段階で別の担当者に代わってもらうか別の買取業者を見つける等されることがよいかと思います。

楽器買取の一括査定ネット スマホ

 

キャンペーン引き続き大好評実施中!!

楽器買取の一括査定サイトへ頂いたご質問内容より

=絶!高価買取中!=

=高価取ランキング!=