三味線(和楽器/民族楽器)とは?

三味線(和楽器/民族楽器)とは?

三味線(しゃみせん)とは、日本の有棹弦楽器。 本体は天神、棹、胴と3つの部分から構成され、弦は3本で、バチを使って弾いて演奏します。携帯性の優れた三味線は棹を上棹、中棹、下棹と3つに分離することができます。 胴の皮はかつて猫の腹を使っていましたが高価なため今は犬皮が代用されています。 そして天神から胴に向かって3本の弦が張られ、バチという道具で弾くことで音が出ます。 三味線では弦のことを糸と呼び3本とも太さが異なり、一の糸が太く低い音を出します。 また天神についている糸巻きによって調律をしますが、演奏の途中でも調律をして音色を変化させることがあります

3分で完了!かんたん見積もり登録

この楽器について個別に業者に問い合わせる

TOKYOリユース

東京都八王子市宮下町597

買取依頼をする

管弦屋

福岡県福岡市早良区小田部7-7-16

株式会社 黒澤楽器店

東京都豊島区高田3-36-1

株式会社リサイクルマイスター

東京都豊島区東池袋1-45-4 A-2ビル3F
=絶!高価買取中!=

=高価取ランキング!=